クリード チャンプを継ぐ男 (2015) : Creed

シルヴェスター・スタローンの代表作『ロッキー』シリーズの新章となる人間ドラマ。スタローン演じるロッキーが、幾度も死闘を繰り広げたライバルであるアポロの息子のトレーナーとなり、新たな夢に向かって歩み出す姿を描く。アポロの息子アドニスを演じるのは、マイケル・B・ジョーダン。

監督:ライアン・クーグラー Ryan Coogler
出演:シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド

クリード チャンプを継ぐ男 (2015)のあらすじ

世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロの事を何も知らずに育ったアドニス(マイケル・B・ジョーダン)は、父がその拳で伝説を残したフィラデルフィアへ向かう。父のかつてのライバルだったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を捜し出したアドニスはトレーナーになってほしいと願い、アドニスの中にアポロと同じ強さや決意を見出したロッキーは彼を鍛えはじめる。

クリード チャンプを継ぐ男 (2015)のストーリー

ロサンゼルスの孤児院にいた、まっすぐだが気の短い少年、アドニス(ドニー)・ジョンソンは、亡き母を侮辱した少年と喧嘩になり、反省室に入れられてしまう。そんな彼を訪ねてきたのは、かつてのボクシング世界ヘビー級王者、アポロ・クリードの妻であるメアリー・アン(フィリシア・ラシャド)だった。メアリーはドニーに、彼がアポロの隠し子であることを告げ、ドニーを養子として引き取る。彼女の愛情を受けて育ったドニーは、やがて立派な青年(マイケル・B・ジョーダン)へと成長する。証券会社で働く彼をメアリーは誇りに思うが、ドニーの心はボクシングにあった。亡き父の活躍に憧れ、ドニーは、プロボクサーになることを夢見ていた。メアリーは反対するが、ドニーの決意は固かった。それまでの生活を捨ててボクサーとなると決めたドニーは、父のいたデルフォイ・ジムを訪ねるが、裕福な育ちな上にアマチュアの試合経験しかないという理由で、ドニーは入門を断られる。仕方なくドニーはフィラデルフィアへ向かい、かつての父のライバル、ロッキーに師事しようと考える。老いたロッキーは、最愛の妻エイドリアンや親友ポーリーを見送り、生きる気力もなく毎日を過ごしていた。自身のレストランを訪れたドニーから、彼がアポロの子であることを聞かされ動揺するが、ロッキーはドニーの頼みを断る。ドニーはやむなくクリードの名を隠して、かつてのミッキーのジムに通い始めるが、息子のレオばかり鍛えるトレーナーのピートに不満を募らせる。ドニ―は再びロッキーを訪ね、個人用の練習メニューの作成を頼む。ひたむきな彼に根負けし、ようやくロッキーはドニーのトレーナーとなることを承知するのだった。

関連記事

  1. 大脱出 (2013) : Escape Plan

  2. 大脱出3 (2019) : Escape Plan: The Extractors

  3. エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014) : The Expendables 3

  4. エクスペンダブルズ (2010) : The Expendables

  5. バレット (2012) : Bullet to the Head

  6. ランボー ラスト・ブラッド (2019) : Rambo: Last Blood

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。